ザ・ビートル(新型) フロント・リアの出張検証

TheBeetleTurbo_NO.1

今日はイシカワエンジニアリングさんで2013年の新型ザ・ビートル ターボ(16CPL)に
フロント・リアのリジカラを出張で取り付け検証を行いました。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

TheBeetleTurbo_NO.2

 

F-1締結部です。

TheBeetleTurbo_NO.3

 

F-2締結部です。

TheBeetleTurbo_NO.6

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に6個を使用します。

フロントのリジカラは12個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアは前期型と後期型では足廻りの形式形状が違います。

・前期型(平成24年4月~平成25年10月) → ロアアームなし、固定軸タイプ

・後期型(平成25年10月~) → ロアーアームあり、独立タイプ

 

<確認方法> 後側からリアサスペンション(黄丸印)をのぞきます。

TheBeetleTurbo_NO.9

 

黄色枠のロアーアームがあるか?、、ロアアームがなければ「固定軸」形式です。

TheBeetleTurbo_NO.10

 

モデルチェンジの(平成25年9月~10月)の切り替わりで
前期型か後期型か判断をお願いします。

リジカラ注文時は実車を「覗いて」確認をお願いします。

 

 

前期型のリジカラ検証 ブログはコチラ(リンク)

「ザ・ビートル(前期型)フロント・リアの検証」

 

 

 

それでは後期型ロアーアームありタイプのリアを検証します、締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

TheBeetleTurbo_NO.5

 

R-1締結部です。

TheBeetleTurbo_NO.7

 

R-2締結部です。

TheBeetleTurbo_NO.8

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

VolksWagen The Beetle(16CBZ/16CPL)

 

フロント用

50261-GOL-000 ¥23,100(税込)

 

リア用(後期型)

品番:50300-GOL-000 ¥23,100(税込)

 

 

 

●これは現行ゴルフ7でも同じ判別が必要です、次回ゴルフ7の検証時に
 またレポさせて頂きます。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です