パルサー GTI-R フロント・リアの検証

PULSAR-GTIR_NO.1

今日はパルサー GTI-R(RNN14)にフロント・リアの検証です。

WRCやN1耐久戦を目指したかのような設計、4連スロットルやアテーサ4WDシステムなど
当時の先端技術が集結された、日本の名車のなかでも特異な1台ですね。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分で、締結ポイントは黄矢印の6箇所です、
ボデーはモノコック構造ですので、ロアーアームのボディマウント部分に取り付けました。

ロアアームは前後に加重負荷が多いことが予想されるので1万km程度走行後に分解して
カラーの痩せなどを再検証してから発売したいと思います。

PULSAR-GTIR_NO.2

 

F-1締結部です。

PULSAR-GTIR_NO.3

ボディとボルトの間(青表記)に4個を使用します。

 

 

F-2締結部です。

PULSAR-GTIR_NO.4

 

ボディとブラケットの間(赤表記)に4個を使用、
ブラケットの下側(青表記)に4個を使用します、

フロントのリジカラは12個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

リアの取り付け箇所は点線囲み部分で、締結ポイントは4箇所です。

PULSAR-GTIR_NO.5

 

R-1締結部です。

PULSAR-GTIR_NO.6

 

R-2締結部です。

PULSAR-GTIR_NO.7

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

フロントは新規に設定、リアは32型Zや32・33型スカイラインとリジカラの
互換性がありました。

 

発売は14年春の予定です。

  ↓

日産 パルサー GTI-R(RNN14)

 

フロント用

品番:50261-RNN-000 ¥21,000(税込)

 

リア用

品番:50300-Z32-000 ¥21,000(税込)

 

 

 

オーナー様から届いたインプレをコピペで紹介します。

乗り心地は、ワンランク車格が上がったかのように、突き上げが緩和され段差を越える時の
振動が軽減されました。

ここまで違いが出るとは思いませんでした。

かといって、ハンドリングがだるくなるのではなく、クイックさと接地感が高まりました。
とても満足しております。

 

 

ご依頼いただき、ありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です