え~、ボルトが斜めに?!

きょう検証した現行のA6オールロード、なんとサブフレームの締結ボルトがスラントしてました。
じつは私たちが知るかぎり斜めのタイプはこれで3車種です。

アウディA6オールロード(4GC)、A4(S4は普通に垂直ボルト型)、
そしてV8モデルのM3(E90以降)、3モデルがその珍しい車種なんですね。

この3車種は「チョットしたコツが」、、そんなレポートです。

 

 

①アウディA6オールロード

ブログはこちら(リンク)

AUDI-A6allroad_NO.1

 

フロント後方

NANAME-A6allroad_NO.4

 

 

②アウディA4

ブログはコチラ(リンク)

AUDI-A4-8KC_NO.1

 

フロント後方

NANAME-8KC_NO.1

 

③BMW V8モデル M3(E92)

ブログはコチラ(リンク)

bmw-m3-e92_no.1

 

フロント後方

NANAME-E90M3_NO.3

ほとんどの車種は量産しやすいように設計されています。
しかしこの3車種だけは何か独自の意図があるようですね。

 

こんな風に斜め締結のモデルは、垂直型のカラー「F1~F2」を先に仮組みしていきます。
途中、隙間を確認しながら、少しずつ「慎重に」すすめ、F-3はあとから着手、カラーの厚みの
スペースを「計算」しながら組み込みつけましょう。
F1、F2を先にある程度終えて、最終の段階でF3(斜めボルト)に進む手順だとスムーズです。

 

リジカラ取り付けの参考にしてみてください!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です