左と右で違うリジカラのサイズ?!

先日 BMWのリジカラの取り付けレポートをしました。

締結ボルトが「斜めレイアウト」にクルマもまれにあるんだ~、

など特にプロショップからおもわぬ反響がありました。

 

左右違い_no.3

そこで今回は、「右側と左側が違う車種」についてレポートをしたいと思います。

サンプル車種は日産のオッティ(H92W)フロント側、

つまり三菱EKワゴンですね。

 

 

フロント側の締結ポイントはF1とF2の4箇所です、しかし右と左は対称ではありません。

左右違い_no.4

 

 

つまり運転席側と助手席側では締結ボルト径が違うのです。

左右違い_no.5

 

 

 

リジカラの左右を比較してみました。

左右違い_no.6-1

 

 

写真は運転席側で、突出し外形は15.0mmです。

左右違い_no.8-1

 

 

写真は助手席側、突出し部の外径は17.5mmです。

左右違い_no.7-1

それぞれメーカーでステアリングギアBOXのレイアウトなどから

設計要求により差別している車種もあります。

 

 

 

他にも左右で締結穴が違う車種を紹介しますと・・・

トヨタ

クラウン(GRS201/204)フロント側

 

日産

エルグランド(E51)フロント側

 

マツダ

デミオ(DE)フロント側

アテンザセダン(GJ)リア側

 

三菱

EKワゴン(H82W)フロント側

アイ(HA1W)フロント側

 

ベンツ

Cクラス(W204)フロント側

Eクラス(W212)フロント側

 

ボルボ

V70(8B/SB)フロント側

 

などがあります。

 

 

ボデーとサブフレームの構造はメーカーごとに生産設計と基本設計が違うんですね。

 

これからもより多くの皆さんに上質な乗り味を提案できるよう、日々適合車種を

増やし、安心して装着が出来るように検証してまいります。

 

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です