BMW M3 取り付けレポート

bmw-m3-e92_no.1

今日はBMW M3(E92)にフロント・リアの取り付けです。

こちらのオーナーさまはこれまでにシトロエンC2、スバルR2と2台のリジカラを御経験されて、
なんと今回3台目は最新の92型M3でした。

皆さまに支えらえて育ってきたリジカラ、担当者としてもスゴク嬉しいです!

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

bmw-m3-e92_no.2

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

bmw-m3-e92_no.3

bmw-m3-e92_no.4

F-2(赤表記)の下側を設定しなかった理由は、、

↓  ↓

写真F-2部分のボディ側はごく普通の設計ですが、下側は特殊な薄肉ディスタンス形状のために
リジカラは必要なしと判断いたしました。

 

bmw-m3-e92_no.5

ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用します、
F-1とF-3は更に サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは10個を使用、作業は70分で終了しました。

 

ここで追補の情報です、BMWの3シリーズ(E90以降)や5シリーズ(E60以降)のフロントは
取り付けにコツがあります。

   ↓

F-3の写真をご覧下さい、締結ボルトがスラントしています、つまり締結ポイントが
斜めに設計されているんですね、世界のほとんどの車種は垂直方向に量産組み付けを行います。

 

しかし稀に斜め締結の車種があるんです、こんな風に斜め締結なE92型などのモデルは、
垂直のF-1とF-2にカラーを仮組みして位置を確認しながら、少しずつ「徐々に慎重に」締めて
途中でF-3を静かに挟み入れ、また全体を徐々に締め込む手順だとスムーズに進みますよ~。

締結部が斜めのタイプはごくごく少数で、私が知るかぎり アウディS4(8KC)くらいです。

ぜひ作業の参考にして下さい。

 

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

bmw-m3-e92_no.6

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

bmw-m3-e92_no.7

bmw-m3-e92_no.8

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

 

BMW  M3(E90/E92)

フロント用

品番:50261-E92-000 ¥26,040(税込)

リア用

品番:50300-E92-000 ¥24,990(税込)

※H25年8月1日より、価格改定(値下げ)を致しました。

 ¥26,040(税込) → ¥23,100(税込)

 ¥24,990(税込) → ¥23,100(税込)

 

 

 

作業のご依頼ありがとうございました!これからも宜しくおねがいします。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です