New CR-Z フロント・リアの検証

ZF2_NO.1-1

今日はCR-Z(ZF2)フロント・リアにリジカラの検証をします。

2012年9月、ZF2型にマイナーチェンジされた後期モデル、高性能なバッテリ 搭載がエポックですね。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

ZF2_NO.2-1

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

ZF2_NO.3-1

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

ZF2_NO.4-1

F-1、F-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

ZF2_NO.5-1

F-3はボディとサブフレームの間(赤表記)に2個を使用します、

フロントのリジカラは10個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

ZF2_NO.6-1

青矢印は固定軸の外側から取り付けるタイプのリジカラです。

ZF2_NO.7-1

リアのリジカラは2個を使用、作業は30分で終了しました。

 

 

ホンダ CR-Z(ZF2)/フィットシャトル(GG7)
フィットシャトルHV(GP2)

フロント用

品番:50261-GE8-000 ¥18,900(税込)

リア用

品番:50300-GP2-000 ¥5,880(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきました、許可を得て紹介させて頂きます。
↓  ↓

リジカラのインプレッションですが…
まず走り出してすぐに直進安定性の向上を体感する事ができました。

もちろんアライメント調整の恩恵もあるのだとは思いますが、実は前にSHOWA SPORTSの足回りに変えた際もアライメント調整はしており…
その時とは全く違う印象だったのです。

その他にもステアリングフィールといいますか、フロントに対するリヤの追従性も格段に向上したと思います。
みんカラなどでは「ステアリングが重くなった」とインプレッションをされる方もいらっしゃいますが、
私は特にそういった事は感じませんでした。

リジカラの効果のほどを改めて感じる事ができました。

 

嬉しいオーナー様からの直インプレ、ありがとうございます、
これからもリジカラでよりCR-Zを楽しんで下さい!

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です