エルグランド V6モデルの検証と取り付け

PNE52_NO.1

今日は現行E52型エルグランドの上級モデル、V6 3.5リッター 4WD(PNE52)のフロントとリアに

リジカラ検証を行います。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

PNE52_NO.2

 

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

PNE52_NO.3

 

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

PNE52_NO.4

 

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、

サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

PNE52_NO.5

 

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

PNE52_NO.6

 

 

 

 

PNE52_NO.7

 

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、

サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

V6のエルグランドは直4エンジンと同じ サブフレームでエルグラシリーズはすべて互換性がありました。

これでE52はシリーズラインナップします。

 

日産 エルグランド(TE52/TNE52/PE52/PNE52)

フロント用

品番:50261-E52-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-E52-000 ¥21,000(税込)

※2014年9月18日よりリアの品番が変更になりました。

新品番:50300-Z33-000 ¥21,600(税込)

 

 

ハンドルセンターが少しズレましたので微修正しました、

ある程度馴染ませてからのアライメント調整作業をお薦めしています。

 

取り付け後にオーナー様から生インプレをいただきました!

許可を得て掲載させていただきます。

帰りに一般道と外環を通りましたが、まず初めに、ハンドルが気持ち重く感じました。
それだけ、剛性が上がったのだと思います。

段差の乗り越えが以前のように、「トゲ!?」ある乗り味からソフトになった気がします。

高速での安定感もあり、道路の継ぎ目も滑らかに通過していきます。
何より、高速・中速でのブレーキング時の安定感はハッキリと判りました。

音や微振動も減り、快適な車内になりました。
リジカラを取付けて、良かったと思います。

 

 

作業のご依頼、誠にありがとうございました!

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です