アウディ 100 フロント・リアの検証

AUDI100_NO.1

今日は平成3年モデルのアウディ100(C3モデル)に
フロント・リアを取り付けです。

最初に空力ボディと軽量ボデーを採用したアウディ100、
ベンツやBMWが続いて空力特性の向上に乗り出したわけですね。

かなりの程度の良さに驚きました。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

AUDI100_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

AUDI100_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。

青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプ です。

AUDI100_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、

サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

フロントのリジカラは8個を使用、 作業は50分で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

AUDI100_NO.5

締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

AUDI100_NO.6

青矢印は固定軸の内側から取り付けるタイプのリジカラです。

リアのリジカラは2個を使用、作業は30分程で終了しました。

 

 

アウディ100用のリジカラは新規でラインナップさせて頂きました。

AUDI  100・AVANT(C3)

フロント用

品番:50261-44N-000 ¥23,100(税込)

リア用

品番:50300-44N-000 ¥5,880(税込)

 

試乗の感想ですが、まずアイドル振動が激減、
シートやステアリングに伝わる微振動が減ってます、
オーナー様も驚いてました。

クルマの年次を問わず「スキマ」を埋める、
本来の締結強度を引き出すリジカラ。

上質なアウディで今後もお楽しみ下さい!
ありがとうございました。

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です