レジェンド フロント・リアの検証

LEGEND-KA7_NO.1

今日はホンダ レジェンド(KA7)にフロント・リアの検証を行いました。

 

群馬からお越しいただいたオーナー様は平成3年に新車をご購入されて、既に20年以上もレジェンドを
愛用されている そうです。

クルマも幸せですね、作業する私の方も何だかとても嬉しいです。
愛が伝わってきます、リジカラもそんな皆さんに支持されて幸せモンです。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

LEGEND-KA7_NO.2

締結ポイントは黄矢印の8箇所です。

LEGEND-KA7_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで、取り付けるタイプです。

F−1はボディとサブフレームの間(赤表記)に4個リジカラを使用します。

LEGEND-KA7_NO.4

青矢印はサブフレームの下側に取り付けるリジカラです。

F−2・F−3はボディとサブフレームの間(赤表記)に4個、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

リジカラは合計12個使用し、作業は60分程で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

LEGEND-KA7_NO.5

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

LEGEND-KA7_NO.6

LEGEND-KA7_NO.7

LEGEND-KA7_NO.8

R−1・R−2・R−3、ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個、
サブフレームの下側(青表記)に6個を使用します。

リジカラは合計12個使用し、50分程で終了しました。

 

 

リジカラはフロント・リア共に新規でラインナップします。

 

ホンダ レジェンド(KA7)

フロント用

品番:50261-KA7-000 ¥18,900(税込)

リア用

品番:50300-KA7-000 ¥18,900(税込)

 

ハンドルセンターが少しズレたので微修正しました。

 

試乗の感想ですが、いつものドッシリとした操舵感で直進安定性が向上して、
突き上げが丸くなりサスが良く動くのが分かります。

 

お帰りの高速も上質な乗り味をお楽しみ頂けている筈です。
ご依頼いただき、誠にありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

レジェンド フロント・リアの検証” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 松井 賢一 より:

    先日はリジカラを取り付けていただき、ありがとうございました。
    帰りの道は、エンジンの不調に苦しみ、取り付け後の効果を楽しむ余裕がありませんでした。ご指摘の通りイグニッションコイルが寄る年波で、一本劣化していて、エンジンの調子が悪かったようです。地元のディーラで交換した後はすこぶる快調になりました。

     その結果リジカラ効果がより分かるようになりました。  
    サスペンションとボディーとが一つになったような反応の良い動きが、重いこの車をきびきびしたものにし、重厚感のあるステアリングと素直なハンドリングには感激しました。
    帰りのあのエンジンの状態の中でも確かに安定感の増したライン変更ができていましたが、それがより鮮烈に感じられるようになったのです。

    あるリジカラユーザーの方のリポートに、装着後エンジン音がステアリングから聞こえる、というのがありましたが、まさにその感覚が再現され、これは、レーシング仕様の車になったと錯覚するほどでした。新車の時には感じられなかった素敵なフィーリングです。
    年甲斐もなく興奮するありさまで、部品があれば、もう少し足回りをいじりたくなってきました。

    足回りの前にリジカラをというアドバイスを受けて本当に良かったと思いました。
    リフレッシュするよりもはるかに良い費用対効果が出たことに感謝します。
    ありがとうございました。

  2. 開発メカ より:

    松井様

    先日のご来店 誠に有難うございました。

    お帰りの道中で早速効果をお楽しみ頂けたこと、
    嬉しく思っております。

    おクルマの点火系も直され、増々レジェンドが
    リフレッシュされていきますね。
    どうぞこれからも素敵なカーライフをお送り頂けますこと
    願っております。

    重ねて御礼申し上げます、この度は誠に有難うございました。

    by 開発メカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です