ボルボ 940エステート フロント・リアの検証

VOLVO940_NO.1

今日は平成8年モデルのボルボ 940エステート(9B)フロント・リアの取り付けと検証をします。

「世界一安全なファミリーカー」と称されたボルボです、一方で80年代には欧州ツーリングカー選手権(ETC)や
国内のグループAなどで「空飛ぶレンガ」と称され、輝かしい戦績を誇りましたね。

そんなプレーンなボデーラインが象徴する線と面で構成された機能的なボルボ、北欧らしさを感じますね。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

VOLVO940_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで、取り付けるタイプで、
青矢印はサブフレーム下側に取り付けるリジカラです。

VOLVO940_NO.3

F−1・F−2のボディとサブフレーム間(赤表記)に4個、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

リジカラは合計8個使用し、作業は50分程で終了しました。

 

 

リアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

VOLVO940_NO.4

締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

VOLVO940_NO.5

R−1のボディとサブフレームの間(赤表記)に2個、
サブフレームの下側(青表記)に2個を使用します。

リジカラは合計4個使用し、40分程で終了しました。

 

リジカラはフロント・リアセットで新規にラインナップします。

 

VOLVO 940/940 ESTATE(9B)

フロント・リアセット

品番:50261-B23-000 ¥25,200(税込)

 

取り付け後のハンドルセンターは問題ありませんでした。

 

 

オーナー様よりインプレをいただきました。
↓  ↓

車早速乗ってみました。まえは段差でガタガタする印象だったのですが、それが解消されたのと、
ハンドルだったりアクセルだったりの入力に対してたるい感じがなくなって、とてもスムーズになりました。

結論としては、めちゃくちゃいいです!新車とかはこんな感じだったのかなーというほどで、
経年劣化をゼロに戻していただいたような感じがしました!

 

作業のご依頼、誠にありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です