AZ-1 フロント・リアの検証

AZ-1-PG6SA_NO.1

今日はマツダ AZ−1(PG6SA)にフロント・リアのリジカラ取り付け作業と検証です。

究極のハンドリングマシンAZ−1、スズキの名機F6Aターボ エンジンをミドに搭載した、昭和の名機、
ガルウイングを開いて乗り込むと、考えられない程のアイポイントの低さ、まるでカートに乗っているような
アナザーワールドな世界、 天地、左右、前後のサイズ感がクルマとは違う~信じられません(笑)
これから夢に出て来そうデス。

 

 

フロントの取り付け箇所は赤点線囲み部分です。

AZ-1-PG6SA_NO.2

締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

AZ-1-PG6SA_NO.3

F-1、ロアーアームのブラケット、その外側(青表記)から取り付けるタイプのリジカラです。

フロントのリジカラは2個を使用、作業は30分程で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

AZ-1-PG6SA_NO.4

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

AZ-1-PG6SA_NO.5

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです、
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

AZ-1-PG6SA_NO.6

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に6個を使用します、

リアのリジカラは12個を使用、作業は50分で終了しました。

 

リジカラのラインナップですが、フロント・リアセットで2月11日(月)より発売開始です。

マツダ AZ-1(PG6SA)
スズキ キャラ(PG6SS)

フロント・リアセット

品番:50261-PG6-000 ¥18,900(税込)

 

ハンドルセンターが少しズレたので微修正しました、ある程度馴染んだ後のアライメントの調整作業を
お薦めしています。

 

試乗の感想ですが、軽快なハンドリングにドッシリとした直進性がプラスされて、ボディ全体での剛性アップを
クルマの素直な動きから感じることが出来ました。

 

作業のご依頼 誠にありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です