ローレル フロント・リアの検証

LAUREL-GC32_NO.1

今日は、昭和60年式の日産 ローレル(GC32)にフロント・リアの検証をしました。

約30年前のモデルですがコンデションは抜群です、32型ローレル、ピラーレス4ドアハードトップの
ボデーにV6の2リッター+ターボ、そして5MT(驚)

室内も下廻りも実にシッカリとしているのが印象的ですね。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

LAUREL-GC32_NO.2

締結ポイントは黄矢印の12箇所です。

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

 

LAUREL-GC32_NO.3

F-1とF-2はボディとブラケットの間(赤表記)に8個を挟み込みます、

LAUREL-GC32_NO.4

F-3、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロント側は全部で16個使用します、作業は90分程で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

LAUREL-GC32_NO.5

締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

LAUREL-GC32_NO.6

R-1、ボディとサブフレームの間(赤表記)に2個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に2個を使用します、

リアのリジカラは4個を使用、作業は40分で終了しました。

 

 

C32型ローレル用のリジカラは、フロント・リア1台分をセットで 新規にラインナップします。

 

日産 ローレル(GC32)

フロント・リアセット

品番:50261-C32-000 ¥33,600(税込)

※H25年8月1日より、価格改定(値下げ)を致しました。

 ¥33,600(税込) → ¥23,100(税込)

 

 

 

オーナー様よりメールでインプレをいただきました、ご紹介いたします。

まず安定性が向上したというのが大きいです。
近所の小学校横の道路は車線内のうち左は荒れた路面、右はキレイな路面となってます。
そこを走るとハンドルが暴れたのですが、不快感を感じること無く走れるようになりました。
またサスに大きな入力があると音が鳴っていたのですが、この音がかなり改善されました。
サス剛性が向上したということなのでしょう。

夜に少し遊んできましたが鼻の入りがよくなりました。あわせてブレーキ性能も向上したような気がします。

変わり様に驚きました、有難うございました。

 

プレミアムなローレル、私も楽しいひと時でした! 作業のご依頼、誠にありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です