セルシオ リアの検証

CELSIOR-UCF30_NO.1

今日は最終型のトヨタ セルシオ(UCF30)フロント・リアの取り付け検証を行いました。

 

トヨタ最高級車の頂点を極めプレステージサルーンの新たな地平を切り開いた歴史的モデルですね。
いまなお動力性能や静粛性で隙のないモデルといえます。

今回オ―ナー様は岡山からご来店を頂きました~ ありがとうございます。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

CELSIOR-UCF30_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

CELSIOR-UCF30_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

CELSIOR-UCF30_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用します、
既存品を使用し、作業は60分で終了しました。

 

 

トヨタ セルシオ(UCF30)

フロント用

品番:50261-UC3-000 ¥21,000(税込)

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

CELSIOR-UCF30_NO.5

 

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

CELSIOR-UCF30_NO.6

CELSIOR-UCF30_NO.7

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

リアは現行トヨタFRサブフレームより大きなサイズですね、、新規にラインナップを致しました。

 

 

トヨタ セルシオ(UCF30)

リア用

品番:50300-UC3-000 ¥21,000(税込)

 

 

試乗の感想は、走行する前のアイドルの音と振動が装着前に比較し激減、まるでアイドルストップしているみたいです(笑)

走りだすと怖いくらいに静か、というか無音、、この静粛性はただものではありません、
強固なGOAボディに良く動くサスペンション、一般道は快適そのものです。
ロードノイズの低減で驚きの静かさとフラットライドなリジカラ特有の芯のある乗り味になりました。

 

上級サルーンにも「隙間のない」効果を発揮するリジカラ、これからもお楽しみください!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です