ギャランVR-4 フロント・リアの検証

GALANT-EC5A_NO.1

今日は三菱のギャランVR−4(EC5A)フロント・リアの検証と取り付けです。

ギャランのトップグレードであるVR−4、コンフォートセダンの域を超えた、
V6ツインターボの爽快な加速感に大いに魅了されましたね。

ご依頼のオーナー様はなんと奈良からお越しいただきました!

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

GALANT-EC5A_NO.2

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

GALANT-EC5A_NO.3

F-1・F-2・F-3、ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)個を使用します。

フロントのリジカラは12個を使用、作業は70分で終了しました。

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

GALANT-EC5A_NO.4

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

GALANT-EC5A_NO.5

GALANT-EC5A_NO.6

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

フロント・リア共に専用のサブフレームでしたので、ギャランVR−4(EC5A)フロント・リアを
ラインナップに追加しました。

 

三菱 ギャランVR-4(EC5A)

フロント用

品番:50261-EC5-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-EC5-000 ¥21,000(税込)

 

 

試乗の感想ですが、ハンドルに伝わるドッシリとした重厚感で直進の安定性が向上しています、
ボディ全体で路面のギャップを「いなす」感じがリジカラテイスト、帰りの高速でも乗り味の違いを
お楽しみいただける筈です。

 

この度は遠方からのご依頼、ほんとうにありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です