NEW オーリス フロント・リアの検証

AURIS-E186H_NO.1

「常識に背を向けろ」のCMが驚きのトヨタ オーリス(E186H)に

フロント・リアに取り付け検証です。

 

フロントマスクがシャープな印象なこのオ―リスRS,エンジンは1.8マニュアルです!

勇ましい、 嬉しくなりますね。

 

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

AURIS-E186H_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

AURIS-E186H_NO.3-1

AURIS-E186H_NO.4-1

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

フロントサブフレームはトヨタMCプラットフォーム、プリウスと共通サブフレーム

でしたのでサクサクと取り付けが出来ました。

 

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

AURIS-E186H_NO.5

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

AURIS-E186H_NO.6

AURIS-E186H_NO.7

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

 

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

リアは固定軸ではなくブレイドと共通のサブフレーム構造でした、

ラインナップ品で問題なく取り付けが出来ます。

 

 

トヨタ オーリス(E186H)

フロント用

品番:50261-PU3-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-BLA-000 ¥21,000(税込)

 

※2015年8月24日よりフロントの品番が変更になりました。

新品番:50261- ZVW-000 ¥21,600(税込)

 

 

試乗の感想ですが、ステアリングの切った感覚が今までよりも重厚でシャープな方向に変化、

段差の乗り越えもとてもスムースになり、シフトのショックも低減されました、

一言で表現すると欧州車のようなライド感です。

スポーティだけど固くない、より上質な乗り心地を味わえます!

 

 

ご依頼いただき、誠にありがとうございました!

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です