ゴルフ トゥーラン リアの検証

touran-1tc_no.1

今日は、ゴルフ トゥーラン(1TC)平成23年モデル、リアの検証です。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

touran-1tc_no.2

締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

golf6-1kc-no.3

golf6-1kc-no.4

ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に6個を使用します。

フロントのリジカラは12個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

VW GOLF Touran(1TC)/GOLF 5,6(1K)

フロント用

品番:50261-GOL-000 ¥23,100(税込)

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

touran-1tc_no.3

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

golf6-1kc-no.6

golf6-1kc-no.7

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

リアは今回の検証で新しくラインナップです!

 

VW GOLF Touran(1TC)

リア用

品番:50300-1TC-000 ¥23,100(税込)

 

2016年8月19日 更新

リアの品番を変更致しました。

品番:50300-4FC-000 ¥23,760(税込)

 

 

 

オーナー様から、インプレメールをいただきました、そのまま掲載させていただきます。

↓  ↓

走る・曲がる・止まるというクルマの基本操作について、
リニア感(応答性やダイレクト感)が向上したと感じました。

良くインプレされているサスの変化もそうですが、アクセル・ブレーキの
フィール変化に驚きました。

アクセル踏み始めの一踏みから違いが体感出来ました。
従来はトルコンの滑りのような応答遅れ(トゥーランはDSGの為トルコンが
無いのでもともと微小ですが)が
あったことが、結果的に分った感じです。

ブレーキはアクセルと同様に応答性が向上し、とても好みのフィーリングに
なりました。

気になっていた足廻りの入力としては、これは良くインプレされている通り、
入力が丸くなったと感じました。また、ワダチにも取られにくくなりました。

ある程度のスピードでのコーナーリングで回頭・旋回・立上りのすべて
(入口から出口まで)でオーバーステア
傾向になりました。
オーバーステアと言ってもLSD装着時の強引にフロントが引張って行く感じや
リアがブレイクする感じでは
なく、車自身が曲がって行くと言う感じです。
全体的に安心感が向上しましたね。

総括として大変満足しています、ありがとうございました。

 

まるで広告みたいなインプレをいただきました、オーナー様の愛車への深い見識と
高い分析力は感服です。

この度のご依頼、誠にありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です