プレオ フロント・リアの検証

PLEO-RA1_NO.1

今日は平成14年式のスバル プレオ(RA1)にフロント・リアの

取り付け検証を行いました。

 

スバルのジャストサイズ軽ワゴン、「これぞ軽」ですね、見切りの良さで独特のオーラがブンブン、、

早速リフトアップして検証に入りましょう。

 

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

PLEO-RA1_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。

青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

 

PLEO-RA1_NO.3

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

続いてリアです、長いロアアームが特徴的で、急激なト―変化を嫌っての設計でしょうか、、

取り付け箇所は点線囲み部分です。

PLEO-RA1_NO.4

 

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

PLEO-RA1_NO.5

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は30分で終了しました。

 

 

 

スバル プレオ(RA1)

フロント用

品番:50261-RA1-000 ¥14,700(税込)

リア用

品番:50300-RC1-000 ¥14,700(税込)

※リアの品番を変更いたしました。 50300-RC1-000 → 50300-RJ1-000

 

 

 

取り付け作業が終わり試乗の感想をユーザー様にインタビューしちゃいました、「根堀葉堀」聞きましたよ~!

↓  ↓

まず最初に感じたのは、滑らかな乗り味になったことです。

ドンがトンて言う感じ、足が良く動くようになったと言う事なのかな~今まで何だったの~て感じですよ。

それと驚いたのは、路面の凹凸で常に鳴っていた室内のビビリ音がキレイに無くなりました!

正直ここまで変化するとは、後はブログで拝見した皆さんとほとんど同じ意見、スゴイです!!

 

 

試乗から戻られたときの晴れやかな笑顔がとても印象的です、この度のご依頼、誠にありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です