ブルーバード シルフィ フロントの検証

BLUEBIRDSYLPHY-QG10_NO.1

今回はブルーバード シルフィ(QG10)フロントの検証と取り付け確認です、
平成15年式で走行が約5万kmのおクルマでした。

フロントには既に補強バーが装備されたりでオーナーの愛を感じますね~。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

BLUEBIRDSYLPHY-QG10_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

BLUEBIRDSYLPHY-QG10_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

BLUEBIRDSYLPHY-QG10_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

今回の検証で、ブルーバード シルフィ(QG10)フロントをラインナップに追加しました!!

 

日産 ブルーバード シルフィ(QG10)/プリメーラ(P10・P11・P12)

フロント用

品番:50261-P10-000 ¥21,000(税込)

 

 

試乗の感想ですが、ドッシリとした直進安定性の向上と、ボディの剛性感が上り段差の乗り越えもスムース、
まさに上質な乗り味に変化しました!!

 

この度のご依頼、誠に有難うございました、次回リアの検証もお待ちしております!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です