ダッジチャージャー フロント・リアの検証

CHARGER-SRT8_NO.1

今日は、横浜市都筑区にあるレボルフェS.A様のご依頼のもと、2007年にモデルチェンジした
ダッジチャージャー(SRT8)フロント・リアの検証です。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

CHARGER-SRT8_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

CHARGER-SRT8_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

CHARGER-SRT8_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

サブフレームを確認したところクライスラー300Cとサブフレームが同形状で、
共同開発によるシャシーの共通性がメーカーを越えて進んでいますね。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

CHARGER-SRT8_NO.5

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

CHARGER-SRT8_NO.6

CHARGER-SRT8_NO.7

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

今回の検証で、ダッジチャージャー SRT8(07以降モデル)の ラインナップを追加しました!!

 

DODGE CHARGER SRT8 2007~

CHRYSLER 300C SRT8

フロント用

品番:50261-30C-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-30C-000 ¥21,000(税込)

 

 

試乗の感想ですが、足回りはシャキッとした印象で、重量ボディですが細かいギャップをスムースに吸収していきます。
直進安定性もバツグンで、オーナー様もお楽しみ頂けるでしょう!!

 

作業のご依頼、誠に有難うございました!!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です