プジョー 406 フロント・リアの検証

peugeot-406_no.1

今日は、プジョー406(D93FZ)にフロント・リアの検証をします。
猫足プジョーがどのように変化するのか、興味津々です。

 

 

フロントの取り付けは4箇所です。

peugeot-406_no.2

peugeot-406_no.3

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

peugeot-406_no.4

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用します、作業は50分で終了しました。

 

 

PEUGEOT  406(D93FZ)

フロント・リア 1台分セット

品番:50261-406-000 ¥25,200(税込)

 

<2015.2.9 1台分セットからフロント用/リア用に区分け>

フロント用

品番:50261-207-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-406-000 ¥21,600(税込)

 

<2016.2.18 フロント品番変更>

50261-207-000 → 50261-A6N-000 ¥21,600(税込)

 

 

 

オーナー様よりインプレをメールでいただきました。

↓  ↓

帰路すぐに感じたのは直進性の向上です。路面に張り付くような感触です。
全体的にどっしり、ねばりつくようなハンドリングに変わり、高速の安定感は相当効果があります。
今後フランス車に装着を検討されている方の参考になればと思います。
ありがとうございました。

 

ご満足をいただき嬉しいです。作業のご依頼誠にありがとうございました!!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です